松戸市リフォーム会社口コミランキング | 安心出来る業者を厳選!

松戸市内の施工を得意としているリフォーム会社の口コミを集めてランキング形式でご紹介。

リフォームローンでお得に所得控除

ある一定の条件が満たされれば、リフォームローンを利用して所得税を減らすことができます。年間の所得(給与所得や事業所得など)からリフォームローンの所得控除を受けて、課税対象所得額を減らすことができます。その結果、所得税の納税額を引き下げることができるのです。

リフォームローンで控除が受けられる条件
・年間所得金額3,000万円以下
・10年以上のリフォームローン
・リフォームした後の床面積が50m2以上で、床面積の半分以上が居住用

他には、今住んでいる家をリフォームする場合と中古住宅を購入してリフォームする場合では条件が若干違ってきます。しかし、一般的なリフォームであれば、ストレスなく条件を満たすことができると思います。

リフォームローンの控除率は、住宅ローン減税同様に1%になります。リフォームローンの年末残高の1%が控除額になります。
例えば1000万円を15年で返済するリフォームローンを組んだとします。仮に初年度のローン残高が1000万円としても、10万円分の所得控除になります。一般的なサラリーマン家庭を想定しても、年間の減税効果は5千円程度です。控除期間は、10年となっており、トータルで発生する減税額は5万円以下となります。

いかがでしょうか。思ったより多いでしょうか、少ないでしょうか?
リフォームローン減税の場合は、新築の住宅ローン減税に比べると、どうしてもローン残高が少ないために、控除額も少なくなります。
またリフォームローン減税を受けるためには、確定申告が必要になります。サラリーマンの場合は、初回にきちんと手続きができていれば2回目以降は、勤務先の担当部署が手続きを行ってくれるので安心です。

リフォームローンの所得控除ありきでリフォームを検討するのは、賢明ではないかもしれません。結果的にリフォームが控除の対象になっていれば、申請をして所得控除を受ける、という考え方の方が賢明といえそうです。

関連記事:
リフォーム減税制度について
リフォームの契約までのポイント

 

リフォーム減税制度について

今日のブログは、リフォームの減税制度についてご紹介させて頂きます。

現在、住宅を巡る環境は大きく変化してきています。それは住宅の住み心地や住宅の耐震構造などだけではなく、住宅を巡るさまざまな制度も新しく出てきています。それは税金など日々の生活に大きくかかわってくるものばかりです。しっかりと詳しい知識を勉強して、家を建てるときやリフォームを行うときに失敗をしないようにしっかりと勉強をすることが大切です。

中でもリフォームの減税制度は細かく分けられています。その精度もしっかりとしたものばかりです。リフォームの減税制度には所得税の控除や固定資産税の減税などがあります。まずこのことを頭に入れておくことが大切です。

また所得税の控除には、投資型のものとローン型のものに分けられています。特にローン型のものはリフォームローンも対象になるのでこれから工事を検討している人は詳しく知る必要があります。所得税の控除の適用条件を満たす改修工事を行った場合、税務署への確定申告で必要な手続きを行うと、所得税の控除を受けることができます。

従ってこの条件に当てはまる工事をした人は、忘れずに税務署で手続きを行うわなければいけません。投資型減税は、住宅ローンを組んでリフォームを行った場合や、自己資金で工事を行った場合にも適用できる所得税の制度です。耐震やバリアフリーや省エネの工事それぞれに対して制度があります。
ローン型の物は、住宅ローンを組んで改修工事を行った場合のみに適用できる所得税の制度です。バリアフリーや省エネの工事を対象とした制度に加えて、これら以外にいろいろな改修工事に適用できるものがあります。

自分が行った改修工事が、どの制度にあてはまるかをしっかりと見極めることが大切です。わからないことがあれば、改修工事を行う際の担当の人に聞いたり、市役所などに行って制度について専門の人に詳しく教えてもらうのがいいです。

税金に関する制度はこの先生活をしていく上で大きく関わってくるので、正しい理解が必要です。

リフォーム減税と必要な事

リフォーム減税について必要な事を、本日のブログではご紹介させて頂きます。

リフォームをする時に重要なのは、精度です。リフォームする場合一般的に、基本的な部分をそのまま使用したまま外観のみを触る場合が多いからです。外壁や屋根などの外回りはもちろんですが、水まわりのもの自体は交換しても土台はそのままだったり、室内の壁紙やフローリングなどを交換し修正する場合であっても支柱などを始めとする基礎の部分はそのまま使用というのが、リフォームなのです。

そこで既存の基礎を使うからこそ精度が重要と言えるのです。
耐震やバリアフリーそして省エネなどさまざまなリフォームに対して減税が申請出来るので、利用出来る者は賢く利用して減税の恩恵を受ける事、控除することが大切です。
減税制度には所得税の控除と固定資産税の減税を受ける事が出来ます。また耐震やバリアフリーしして省エネのリフォームに対して投資型減税もあるので、使用出来るものはすべて活用すべきです。

但しいろいろと決まりはありますので、プロである施工してもらう業者に聞いて活用するのがベストです。国は税金など取る分についてはしつこいくらいに集金に力を入れて徴収しますが、残念ながら恩恵を受けることに対しては知っている者だけが得をするという風習があるのです。国からおおっぴらげには公表していないため、出来るだけたくさん減税を受けるようにするためにも自分なりに調べることも重要ですし、プロに聞いてアドバイスを受けるべきです。とりあえずかんたんに大きく三つのポイントだけ述べます。

まず一つ目はリフォームが100万円以上であることです。そして二つ目に自分が所有し、住んでいる自宅の工事であることです。最後に三つ目は工事後の家屋の床面積が五十平米以上二百四十平米以下であることです。
まずは大きな三つの点をクリアすることが大切です。もちろん大切な住居ですから、精度にこだわることだけはぬかりないのが重要です。法律や制度はきちんと知って活用する事が大切なのです。

税務署に申請して減税を

今回は税務署にリフォームを申告する事で減税が出来る可能性についての記事をご紹介致します。

住宅をリフォームすることで住みやすくなることはわかっているが、費用がかかるため二の足を踏む人もいます。しかしリフォームには目的や改修内容に応じて所得税が控除されたり、固定資産税が減税されるものがあります。

このような減税措置を受けられるリフォームは住宅の耐震機能を高めるために行なわれるもの、介護のため住宅をバリアフリーにしたりトイレや風呂場などを改修するもの、省エネ効率をよくするため住宅を改修するものの3つが対象になります。

耐震機能を高める改修は昭和56年5月31日以前に建築された住宅を、現在の耐震基準にあわせて改修すると減税措置を受けることができます。このような改修をした場合、確定申告の時期に税務署に住宅耐震改修証明書、住宅耐震改修特別控除額の計算明細書、住民票の写し、補助金の額がわかる書類、源泉徴収票を提出するとかかった費用の10%の控除を受けることができます。

介護目的で住宅を改修した場合は、申請基準を満たしていれば増改築等工事証明書や改築費用や時期がわかる書類、家屋の床面積が50平方メートル以上であることを示す書類などを添付して確定申告をうけると控除を受けることができます。

省エネ目的で太陽光発電を設置したり、窓や床を断熱効果が高いものに改修した場合も一定の基準を満たしていれば税金の還付を受けることが可能です。 申請するには増改築等工事証明書や家屋の登記事項証明書などが必要です。これらは全て税務署で確定申告時期に書類を提出して還付金を受け取ることになります。

固定資産税の減税は、一定の要件を満たしている場合必要書類を添付して各市区町村の窓口に申請します。耐震構造を高めた場合は固定資産税が翌年2分の1減額され、介護目的や省エネ目的でにリフォームした場合には翌年の固定資産税が3分の1が減額されます。それぞれ適応を受けるには条件があるので、リフォームを行なう建築会社や市町村の窓口に聞いて見ると良いでしょう。

[pr-mania]5[/pr-mania]