松戸市リフォーム会社口コミランキング | 安心出来る業者を厳選!

松戸市内の施工を得意としているリフォーム会社の口コミを集めてランキング形式でご紹介。

ジャックスのリフォームローンの特徴

一生のうちにそう頻繁に行う必要の無い住宅のリフォームですが、それでも実際にリフォームをするとなると、ある程度まとまったお金が必要になります。ある意味では、住宅の一部を購入することになりますので、高額になることは避けられません。もちろんプチリフォームと呼ばれている簡単なリフォームでしたら、リフォーム会社へ依頼することなく全てご自分で行うことができ、材料や工具などもそこまで高いものではありません。しかし大規模なリフォームを検討している場合、時に数百万円という多額の費用が必要になることもあります。そんな時には、無理して一括払いを選ぶよりも、リフォームローンを利用することで、経済的に苦労することが無くなります。

今では様々な金融機関やカード会社などからリフォームローンが提供されていますが、中でもジャックスのリフォームローンがオススメです。ジャックスのリフォームローンというのは、加盟店を通じて利用者をジャックスが契約を結ぶローンとなります。家の増改築や浴室、キッチンといった場所のリフォームなど、今現在住んでいる住宅の気になるところを直したいときや取り替えたいと思った時に、最適なローンです。

ジャックスのリフォームローンでリビングプランという商品がありますが、とっても手続きが簡単でスピーディーなリフォームローンとして知られています。審査もスピーディーで、金利は固定となりますのでお得にリフォームをすることが出来ます。比較的金利も低く設定されていますので、消費者金融などから融資をしてもらうよりも遥かにお得です。

このようにリフォームローンを利用することで、経済的負担をかけることなく理想を叶えることが出来ます。ジャックスのリフォームローンだけではなく、その他にも数多くのリフォームローンを提供しているローン会社や金融機関がありますので、実際にどのリフォームローンが貴方にとって最もお得で便利なのかを比較してみてください。

松戸リフォームブログ関連記事:
お得なろうきんのリフォームローン
ネット銀行のリフォームローンの選び方

JAリフォームローンについて

長く一つの住宅に住んでいると、どうしても老朽化が進んでしまったり、また改修したい箇所が出てくるものです。そのような時にはリフォームをすれば、わざわざ新築にする必要なく、現状のまま改修をすることが出来ます。また改修だけではなく、増築や補修なども大変経済的です。しかしリフォーム業者に依頼をしたり材料の購入費などが必要になってきますので、そう簡単にリフォームという行動に移すことは出来ません。リフォームをする箇所によって費用は大きく変わってきますが、それでも多少なりともまとまった費用が必要です。リフォームをしたことによって、生活費を削ったり、何かを失ってしまっては意味がありません。

そこでオススメをしたいのがJAリフォームローンです。JAが提供しているローンの一つであり、住宅の増改築や改修、補修などといった費用に充てることが出来ます。またそれだけではなく、その他住宅に付帯している施設などの住宅関連設備資金や、介護に必要な住宅の設備資金などにも使うことが出来ます。

JAリフォームローンを利用するためには、JA組合員に限ります。農業者のみしか会員になれないと勘違いされる人が多いですが、出資をすることによって、組合員資格を取得することが出来ますので、まずはJAの融資窓口にご相談されてみてください。また前年度の税込年収が150万円以上必要で、勤続年数が一年以上、保証機関の保証を受けることの出来る方、団体信用生命共済に加入出来る方など様々な条件がありますのでご注意ください。しかし一般的な銀行や融資ローンなどと比較をして条件は比較的緩くなっていますので、そこまで深く考える必要はありません。

融資金額は10万円~500万円までで、返済期間は1年位上10年6ヶ月以内と定められています。当たり前のことですが、あくまでもローンですので返済には決められた金利を加算して支払いをしていかなければいけません。それでも一括払いでリフォームをするよりも、経済的に楽になりますのでぜひご活用されてみてはいかがでしょうか?

松戸市リフォーム情報ブログ関連記事:
お得なろうきんのリフォームローン
リフォームローンでお得に所得控除

店舗やテナントのリフォームローン

店舗もしくは事務所のリフォームを検討するにあたって、融資(ローン)を考えている経営者の方も多いと思います。店舗などは、居住スペースとは違いますので、一般的なリフォームローンを組むことは難しくあります。そのため、店舗等のリフォームローンは、銀行からの融資や日本政策金融公庫からの融資を受けて実施するようになります。

金利が低く、融資を受けやすいのは日本政策金融公庫になります。各種条件にもよりますが、利率は1.55~4%ぐらいの年利で設定されています。返済期間も一般のリフォームローンと同様程度の期間が設けられているので、返済金額もある程度柔軟に検討することができます。

融資を受けるまでの流れとしては、まず最寄りの店舗に相談することから始まります。 そし各種申請書類を記入し、申し込みます。書類の中には「創業計画書」や「リフォーム見積書」等が必要になってきます。慣れていないと手間に感じますが、これも一つの仕事として取り組む必要がありそうですね。融資の金額によっては、担保も必要になりますのでこの時に用意します。

書類を作成した後は、面談が必要になります。そして見事審査を通過すると、融資を受けることができます。そしてリフォームの打ち合わせを進め、着工することができます。 それからは、計画通り返済を進めていきます。

低利でまとまったお金を調達することはできますが、それ相当の手間は必要になります。 尚、この日本政策金融公庫はリフォーム以外にも事業資金などの経営改善貸付も行っていますので、総合的に融資の検討を進める必要がありそうです。銀行への融資申請も基本的には同じ流れになるでしょう。

このような手間をかけたくない方や早くリフォームを行いたい方には「楽天銀行などのカードローン」が有効と考えられます。200万円以下なら収入証明書の提出が不要で、1~3日程度で借入を行うことができます。その他担保や保証人、事業計画書も不要です。金利は、4.9~14.5%と比較的高めな点は、注意が必要です。

店舗やテナントでのリフォームローンの際には、こういった事を参考に良いローン会社を選んでくださいね。金利だけでもかなり違ってきますよ。

松戸市リフォーム情報ブログ関連記事:
お得なろうきんのリフォームローン
ネット銀行のリフォームローンの選び方

リフォームローンで人気が有る会社は?

リフォームローンを提供している会社で人気があるのは、ネット系の「ソニー銀行」や「住信SBIネット銀行」のリフォームローンになります。ネット銀行ならではの利便性と手数料の低さが人気の秘密のようです。

ソニー銀行は、ローンの形態を2種類提供しています。「変動セレクト住宅ローン」と「住宅ローン」です。より低い変動金利を利用したい方は「変動セレクト住宅ローン」がお勧めです。将来の金利変動に不安をお持ちの方は「住宅ローン」が利用しやすい仕組みになっています。

またネット銀行ならではのサービスとして、オンラインのサービスが充実しています。リフォームローンの繰り上げ返済はネットから手続きができて、手数料は無料で回数は無制限となっています。仕事が忙しくて、なかなか銀行に行けない方には便利な銀行です。

ネット系の他には、無担保型のリフォームローンを提供している会社も人気があります。
オリコやイオン銀行が有名です。ローン審査が速く、スピーディーにリフォームを進めることができて、利便性が高く評価されています。特にイオン銀行は、金利も低く、手数料も低く設定されているので人気があります。また一昨年の年収が200万円を超えていれば対象になるため、幅広い層の人から利用されています。
イオン銀行では有担保型のローンも取り扱っており、そちらは借入限度額1億円、借入期間最長35年と充実した内容になっています。

また有担保型の場合は、団体信用生命保険が付帯されるので、万が一の場合にも安心してローンを組むことができます。さらに全国のイオンで毎日買い物が5%オフになる特典もあるようです。

民間の金融機関以外に公的なローンを活用する制度も根強い人気があります。「財形住宅融資」や「各自治体の融資制度」です。特に最近では、耐震化やバリアフリー化を促す目的で積極的に公的なリフォームローンが利用されつつあります。安心感はありますが、ネックな点としては手続きに時間がかかったり、必要書類が多かったりする点が挙げられます。

関連した記事:
ネット銀行のリフォームローンの選び方
リフォーム会社の過去事例

お得なろうきんのローン

リフォームローンを検討する際に、ご自身もしくは家族の中にろうきん組合員の方がいないか確認することをお勧めします。ろうきん(一般社団法人 全国労働金庫協会)は、一般の銀行などと経営理念が異なり、労働組合員や生活協同組合員の方に利用しやすいようになっています。もちろん組合員でなくても一般の人も、管轄地域の「ろうきん」を利用することはできます。

ろうきんのリフォームローンの特徴として、会員特別金利が用意されていることが挙げられます。店頭金利より0.5%低くリフォームローンを組むことができます。
この0.5%の差は、リフォームローン等高額な融資を受ける場合では、支払い額に非常に大きな差が生まれます。例えば、1000万円を15年の返済計画で2.9%の金利でローンを組んだと想定します。毎月の支払額は、約68,000円で15円間の総支払額は、約12,340,000円になります。

この場合、金利が0.5%下がって、2.4%の金利で融資を受けた場合の返済額は、約66,000円の毎月の返済になり、15年間の総支払額は約11,920,000円になります。毎月の支払いに2千円の差がありますし、トータルで見てみると420,000円の差になります。

このように「ろうきん」の組合員であるかどうかで、ローンの支払額に大きな差が生まれてきます。またろうきんは、融資限度額が大きく、返済期間が長いことでも有名です。融資限度額は1000万円、返済期間は最長15年です。また土地や建物の担保の提供が不要となっていて、提出書類が少なく手続きも簡単で、短期間に審査が済むのも一つの特徴です。
繰り上げ返済も利用でき、インターネットバンキングからでも返済できるので気軽に手続きでき、便利に利用できるようになっています。繰り上げ返済手数料は、無料に設定されています。リフォームローンの金利設定は、「固定金利型」と「変動金利型」から選べるように設定されています。

関連記事:
リフォームローンでお得に所得控除
ネット銀行のリフォームローンの選び方

ネット銀行のローンの選び方

ネット銀行は、一般的な銀行と違って店舗を構えていないことが特徴です。店舗に行って手続きをすることに慣れている人には、若干の不安があるかもしれませんが、最近では低い手数料や利便性の高さから人気を得ています。

主なネット銀行には、「ジャパンネット銀行」「ソニー銀行」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「じぶん銀行」などがあります。最近では店頭とネットを併用している銀行が多くなり、「ネット銀行」の垣根がなくなりつつあります。

このネット銀行で「リフォームローン」を扱っているのは、住信SBIネット銀行になります。ソニー銀行は、目的別ローンとして「一般ローン」がありリフォームにも適用できますが、「リフォーム専用のローン」ではないようです。同様に楽天銀行も使途自由の「楽天銀行スーパーローン」をリフォームローンに利用するケースが多く見受けられます。
ローンを組みやすい利便性はありますが、金利が比較的高めに設定されています。事前の確認が必要です。

住信SBIネット銀行は、リフォーム専用のローンを取り扱っており、比較的低金利でローンを組むことができます。年利2.475~4.475%の設定となっており、借入金額は10万円から1,000万円、借入期間は1年から10年となっています。
さらに住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んでいる方は、基準金利より1%低くローンが組めることやSBI証券の口座を所有している、もしくは住信SBIネット銀行のネットローンを利用している場合は、基準金利より0.5%低くローンが組めるメリットがあります。

借入金額が100万円以下の場合は、年収証明書が不要となっており、ローンが利用しやすいように設定されています。またローンの手続きを行うための来店は不要で、仕事が忙しい方にも利用しやすいようになっています。ネットと郵送で手続きを完結することができます。繰り上げ返済も手数料無料で何回でも行うことができ、返済計画も柔軟に対応することが可能になっています。

関連記事:
リフォーム減税制度について
介護補助金を活用したリフォーム