松戸市リフォーム会社口コミランキング | 安心出来る業者を厳選!

松戸市内の施工を得意としているリフォーム会社の口コミを集めてランキング形式でご紹介。

簡易水洗トイレへのリフォーム

若い方は知らないかもしれませんが、日本でも80年代程度までは、多くのご家庭でくみ取り式トイレが設置されていました。知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単にご説明させていただきますが、用を足した後に水を使って流さずに、便器の下部に設置しているタンクへ溜めていきます。便器が汚れることはほとんどありませんが、やはり悪臭があることで徐々にその姿が消えていきました。

そんな昔ながらのくみ取り式トイレを今でもそのまま設置しているご自宅もあり、リフォームを希望している方も多いです。しかし元々がくみ取り式ですので、専門業者で無ければ到底リフォームをすることは出来ません。また完全な水洗トイレにするためには大規模な修繕をする必要があり、くみ取り式のリフォームは簡易的な水洗トイレへの工事がおススメです。ただし近くに下水道管が通っていれば排水管の工事をすることによって一般的な水洗トイレにリフォームすることは出来ます。

簡易水洗トイレの設置工事についてですが、概ね5日程度の工期が必要となります。大まかな流れは、まず初日に既存のくみ取り式トイレの解体工事が行われます。2日目に配管工事が行われ、3日目に木を使った工事となります。そして4日目に内装工事が行われ、最終日に器具の取り付け工事となります。全てのリフォーム業者が同様の工程で行われるとは限りませんので、事前に入念な打ち合わせをして、どのように工事が進められていくのかを把握しておきましょう。その際のトイレの使用ですが、一般的には家の外に仮設のトイレを設置します。
また費用についてですが、70~80万円程度が相場となります。少々高額な費用となりますので、もしかしたら別の箇所のリフォームをすることによって、値引き交渉をすることも出来るかもしれませんので、リフォーム業者の担当者と仲良くなるのも一つの方法かもしれませんね。

このようにほぼ全てのくみ取り式トイレはリフォームによって水洗トイレにすることが可能になっています。

松戸リフォームブログ関連記事:
トイレのリフォームの値段
トイレリフォームの業者選び

リフォーム費用の目安

「思い切ってリフォームをしたいけど費用がどの程度かかるのかわからない」とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。確かにリフォームというのは、それなりにまとまった費用が必要となってきますので、そう簡単に物事を進めていくことは出来ないと思います。

そこで簡単にリフォームの費用についてご説明させていただきます。まず、居間やリビングのリフォームですが、概ね50~100万円程度となります。もちろんどのようにリフォームをするかによって変わってきますので参考程度に覚えておくと良いでしょう。例えば、居間を和室から洋室にして押入れをクローゼットのようにするというリフォームでしたらこの費用内で十分に可能となります。

次に玄関のリフォームですが、これは20~50万円程度となります。玄関と言いましてもリフォームの対象となる部分はいくつか挙げられ、玄関ドアの交換、玄関の床の張り替え、バリアフリー化などです。主に玄関のリフォームで人気なのが、玄関の床であり、元々シンプルなコンクリートだったのものを、タイル張りにするなど人気があります。 そのほかにも外玄関から部屋の玄関まで続くちょっとした通路に屋根を設置するなどといったリフォームもあり、この場合にもそれなりの費用が必要となってきます。

最近では耐震性が注目されるようになってきており、自宅全体をリフォームされる方が増えてきています。個々のリフォームを少しづつ行うよりもまとめてリフォームをした方が比較的費用を抑えることが出来ます。

大体の目安ですが、一般的な一軒家の場合、自宅全体をリフォームとなると、1000万円程度となります。また中古住宅を購入して、リフォームをする際には200万円程度で可能となっています。

ここでは概ねの相場をご案内させていただきましたが、詳しいことは直接リフォーム会社に相談をするようにしましょう。少しでも安く抑えたいのでしたら、複数のリフォーム会社の見積もりを比較することが大切です。

松戸リフォーム情報ブログ:
リフォームローンでお得に所得控除
リフォームの口コミを確認するポイント

トイレの工事の値段

本日は、トイレのリフォームの値段について詳しくご案内致します。

トイレのリフォームにかかる費用は、大きく分けて3つの構成から成り立っています。
・便器本体の機器代
・取り付け工にかかる施工費
・廃棄処分等にかかる雑費 です。

この中でも大きなウェイトを占めるのは、便器本体の費用です。スタンダードなタイプと高級トイレの間には、30万近く差があります。TOTOやINAXなどの便器メーカーのショールームに行くことができる方は、リフォームの前に一度見学されることをお勧めします。高いトイレは必要ないと思っていても、多機能で結果的に使いやすかったりします。また高額なトイレほど節水性は高い傾向にありますし、汚れも付きにくかったり掃除しやすい形状だったりします。一度設置すれば15年から20年は使うトイレになりますので、慎重に選びたいものです。

次にトイレのリフォームコストで大きなウェイトを占めるのが、床の張り替えや壁の張り替えです。 トイレルームの大きさや使う素材にもよりますが、床だけで5万円、壁だけで5万円程度かかるのが一般的なようです。 便器の交換に合わせて、クロスも交換するとトイレルームが一新されて、気持ちの良いものです。 またトイレのリフォームに合わせて、手すりなども付けると安心度が増します。トイレルームに余裕がある場合は、収納庫なども新たに設置すると、トイレ内が機能的になります。

ちなみに和式トイレから洋式トイレへの交換にかかる費用は、20万円~60万円ぐらいといわれています。ほとんどの場合で、和式便器の段差をなくす工事やコンセントを新たに設ける工事などが必要となって割高になる傾向です。コンセントは、ウォシュレットに必要になります。

トイレは毎日使う場所になりますし、来客があった際もお客さんが入る場所になります。そのためリフォームの際は、多少背伸びをしてゴージャスな仕様を検討されるケースも多く見受けられます。 予算とトイレに求める機能をよく把握したうえで、リフォームを検討するとスムーズにリフォームを実行することができます。

関連記事:
人気の水回りのリフォーム
トイレリフォームの業者選び

おしゃれなデザインのトイレにリフォーム

今日はおしゃれなデザインのトイレにリフォームをされた方の体験談をご紹介致します。

私たち夫婦はちょうど1年前に念願だったマイホームを購入しました。中古のマンションを購入し、トイレとお風呂をリフォームしました。
トイレやお風呂のいろいろなメーカーのショールームをまわり、一番自分たちのマイホームに合うメーカーの商品を選びました。施工会社はケアフルリフォームさんです。

今はトイレやお風呂のデザインも大変おしゃれで洗礼されており、シンプルでモダンな雰囲気の好きな私たち夫婦は、商品の性能はもちろんですが、すっきりとモダンに見えるデザインのメーカーの商品を選びました。

デザインに負けず劣らず性能もとてもいいものばかりで、どの商品もとても良くどのメーカーのものを選べばいいのか大変迷ったのですが、家族の人数や広さに合わせて商品を選びました。
またトイレはタンクレスのとてもシンプルなデザインのものを選び、空間をすっきりとおしゃれに見えるように心がけました。また壁紙や取っ手などもダークな色合いのものを選び、空間がモダンでシンプルに仕上がるように工夫しました。またトイレに置くインテリアなどもこだわり、とてもお気に入りのおしゃれでリラックスできるスペースに完成しました。

お風呂も浴槽の大きさや質などにこだわり、家族みんながリラックスできる場所になるように心がけました。私たち夫婦は主人も私もお風呂での時間が大好きなこともあり、お風呂にはリフォームの際にお風呂専用のテレビを取り付け、一日の終わりにゆっくりとした時間が過ごすことができるように工夫しました。おかげで今ではお風呂にいろいろな入浴剤を入れてテレビを見ながらゆったりとしたリラックスタイムを過ごすことができています
。リフォームはトイレやお風呂などいろいろなメーカーのショールームを見学したり、商品をあれこれ比較検討したりと、大変な部分も多々ありましたが、自分たちが納得した商品を選ぶことができる点はとてもよかったと思っています。
施工会社さんのケアフルさんもかなり良い工事をしてくれましたし、デザインも性能も大変気に入っているので、大変満足なリフォームができました。

トイレリフォームの業者選び

本日のブログは、トイレリフォームの業者を選定する時に必要な事をご紹介させて頂きます。

永年使って来たトイレを、リフォームしたいと考えたとき、まず最初にすべきことは、どのような形にリフォームをするかしっかりと決めることです。どんな便器を選ぶかというところは、トイレ自体の大きさや形、それからどのブランドにするかなどである程度しぼられますし、業者さんもオススメを教えてくれます。けれど、

トイレ全体をどのようにしたいかということは、施主自体がしっかりと決めて、それを業者に伝える必要が出てきます
。例えば、もうあまり大人数では使わなくなってきたので、節水効率のいいものがイイ、であるとか、トイレの中で手を洗うので別に洗い場を設置したいが可能か、などに始まり、更にもっと大きなリフォームとしては、介護が必要になってきたので広いトイレにしたい、であるとか、手すりを設置したいであるといった大規模な工事を必要とするものまであります。そう言った理想をしっかりと固めたら、次は業者選びに入ります。

近所のリフォーム業者でもいいですし、ネットなどで口コミを参考に探してもいいのですが、一番大切なことはしっかりと見積もりをとってもらうことです。その際、一か所の業者だけでなく、いくつかのお店に見積もりをしてもらうのは、必ずすべきことです。これはお店によって価格がさまざま異なる事が考えられ、また条件によっては、そのお店ではやってくれないリフォームなどもある可能性があるからです。

こうした見積もりには、普通2段階あります。最初はメールフォームや電話から、口頭で説明して概算を見積もってもらう段階と、実際に住所を伝えて、現地でしっかりとどういった工事が必要かを考えて見積もってもらう段階です。

ここで注意すべきは、後者の見積もりの場合、出張料などの料金を取られる場合もあるということです。更に、他の工務店などにも見積もりを依頼している場合は、その旨も伝えておいた方が無難だと言えます。そして見積書にはきちんと目を通すこと、しっかりとした施主であると理解してもらうことも大切なことです。

トイレリフォームの金額相場

今日のブログでは、トイレのリフォームの金額はいくら程度かかるのか、相場についてご紹介しています。

家の中で小さいけど、キレイでくつろげる空間にしたいのはトイレではないでしょうか。

快適に過ごせる便座と便器、内装材は清掃性がよいものを選ぶときれいな空間を保ちやすくできます。トイレには組み合わせ便器、洗浄便座一体型便器、一体型便器があります。組み合わせ便器はタンク、便座、便器が選べます。
組み合わせ便器のタンクの種類は、手洗い付きタイプと手洗いなしタイプ、収納一体型があります。便座は普通便座、暖房便座、温水洗浄便座があります。

中でも主流なのが温水洗浄便座で、自動蓋開閉や自動洗浄など便利な機能がついています。洗浄方式は広いほど汚れや匂いが少なく、溜水面の広さが違います。洗浄方式の種類は、エアドライブ式、ダイレクトバルブ式、サイホン式、ワイルドボルテック式、ネオボルテックス式があります。

リフォームの料金は便器などのリフォームに使う機器代、人件費の施工代、交通費や廃材処分費などの雑費の合計となります。その内訳は機器代約60%、施工費約30%、雑費約10%が一般的となっています。リフォームの金額相場は2万~50万円であり、なぜこのように相場の幅が広いかというと、小さなもの(便座の交換など)から全面リフォームまでさまざまだからです。

便座交換のリフォーム価格は、使用する便器によって大きく変わってきます。スタンダードタイプの便器とタンクレスタイプのリフォーム価格は約20万円も違います。
また、和式トイレは段差があるかどうかで金額が変わってきます。段差があると段差をなくすための工事が発生するので、和式トイレから洋式トイレにかえるのは金額が高くなります。床張替えは便器交換と一緒にすると追加料金になって割安になりますが、床張替えのみの場合は施工面が少ないため割高になります。

トイレが使いにくいというお悩みがある方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。きっと使いやすく、清潔で落ち着く空間となることでしょう。