松戸市リフォーム会社口コミランキング | 安心出来る業者を厳選!

松戸市内の施工を得意としているリフォーム会社の口コミを集めてランキング形式でご紹介。

税務署に申請して減税を

今回は税務署にリフォームを申告する事で減税が出来る可能性についての記事をご紹介致します。

住宅をリフォームすることで住みやすくなることはわかっているが、費用がかかるため二の足を踏む人もいます。しかしリフォームには目的や改修内容に応じて所得税が控除されたり、固定資産税が減税されるものがあります。

このような減税措置を受けられるリフォームは住宅の耐震機能を高めるために行なわれるもの、介護のため住宅をバリアフリーにしたりトイレや風呂場などを改修するもの、省エネ効率をよくするため住宅を改修するものの3つが対象になります。

耐震機能を高める改修は昭和56年5月31日以前に建築された住宅を、現在の耐震基準にあわせて改修すると減税措置を受けることができます。このような改修をした場合、確定申告の時期に税務署に住宅耐震改修証明書、住宅耐震改修特別控除額の計算明細書、住民票の写し、補助金の額がわかる書類、源泉徴収票を提出するとかかった費用の10%の控除を受けることができます。

介護目的で住宅を改修した場合は、申請基準を満たしていれば増改築等工事証明書や改築費用や時期がわかる書類、家屋の床面積が50平方メートル以上であることを示す書類などを添付して確定申告をうけると控除を受けることができます。

省エネ目的で太陽光発電を設置したり、窓や床を断熱効果が高いものに改修した場合も一定の基準を満たしていれば税金の還付を受けることが可能です。 申請するには増改築等工事証明書や家屋の登記事項証明書などが必要です。これらは全て税務署で確定申告時期に書類を提出して還付金を受け取ることになります。

固定資産税の減税は、一定の要件を満たしている場合必要書類を添付して各市区町村の窓口に申請します。耐震構造を高めた場合は固定資産税が翌年2分の1減額され、介護目的や省エネ目的でにリフォームした場合には翌年の固定資産税が3分の1が減額されます。それぞれ適応を受けるには条件があるので、リフォームを行なう建築会社や市町村の窓口に聞いて見ると良いでしょう。

[pr-mania]5[/pr-mania]
このエントリーをはてなブックマークに追加

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>