松戸市リフォーム会社口コミランキング | 安心出来る業者を厳選!

松戸市内の施工を得意としているリフォーム会社の口コミを集めてランキング形式でご紹介。

屋根の雨漏り修理について

本日は屋根の雨漏り修理についてのリフォーム情報をご紹介致します。

台風や熱帯低気圧の影響で大雨が降った時、雨漏りを経験されたことはありますか?最初に言っておきますが、雨漏りをしているということは、もう屋根が破損しており、建物自体が傷んでしまっていることになります。なぜかというと、室内に雨漏りを発生させてしまうには、長い年月が必要だからです。

屋根材に大量の雨が降り注ぎ、数ヶ月~数年かけて屋根材が雨を吸収し、最終的に雨漏りをなって部屋の内部に侵入してくるのです。もちろんこの時、屋根の損傷だけではなく、水分が建物にも含まれてしまっているので、先述したように建物自体を痛めてしまっていることになります。

そもそも雨漏りというのは屋根材の防水性と深い関係にあります。数字で表しますと、瓦の吸水率が最も高く約20%となり、次に化粧スレートが9%、そしてトタンでしたら0%と一切雨を吸収しません。このように瓦というのは、他の屋根材よりも雨をたくさん吸収することになりますので、雨水が蓄積されてしまわないように、勾配を大きくする必要があります。もちろん瓦職人と呼ばれている方達は、それを十分に理解していますので、瓦を設置することによって雨漏りの問題を生じさせそうな屋根の形状の場合、それを改善しない限り、屋根材に瓦を使用することはありません。

屋根を設置する最大の役割というのは、雨を流し落とすこととなります。最近流行りのL字型やT字型のような屋根は、確かにデザイン性に優れてはいますが、効率的に雨を流し落とすことが出来ませんので、屋根材やその下地を痛めやすくなります。このことから屋根というのは、昔ながらのシンプルな構造が最も雨漏りしにくいのです。どうしても雨漏りを防ぎたいと思っているのでしたら、全てトタンの屋根材にリフォームすると良いでしょう。最近のトタンは従来よりもさらに防水性に優れていますので、ほぼ雨漏りは発生しません。

松戸リフォームブログ関連記事:
瓦の屋根の修理をする前に
評判の良い屋根のリフォーム業者

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>