松戸市リフォーム会社口コミランキング | 安心出来る業者を厳選!

松戸市内の施工を得意としているリフォーム会社の口コミを集めてランキング形式でご紹介。

契約書はしっかり確認を!

本日はリフォームの契約を行う際に必要な契約書を確認する重要性ついてご紹介させて頂きます。

契約書が絶対的存在として今の社会は成り立っています。つまり契約書が全ての取引の大元であり、何かしらトラブルが発生した際には、その契約書に従って物事が進んでいくことになります。
契約書にサインをした以上、その契約内容を全て承諾したことになりますので、「あのサインは間違いだった」では済まされないのです。間違いだったが認められてしまっては契約書の存在意義が無くなってしまいます。それほど契約書というのは非常に大切なものであり、欠かせないものでもあるのです。

リフォーム会社に依頼をする際にも必ず契約書の項目を受諾する必要があります。契約書にサインをしなければそこから先に進むことは出来ません。 しかし世の中には、全く契約書の内容を確認しないで、開いてから求められたら簡単にサインをしてしまう人がいます。実はそれって非常に危険なことなのです。極端な話ですが、契約書の内容の中に「リフォーム中に作業員の都合で中断しても料金の返金は出来ないものとする」と書いて場合、万が一途中でリフォーム会社が独自の判断でリフォーム工事を止めたとしても、それは契約書の通り、依頼主は返金を要求することが出来ないワケです。それが契約書にサインをするということなのです。違法な内容で無い限り、契約書はサインをすることで有効となります。それが常識外であったとしても、合法なら契約は成立するワケです。

このように契約書の重大さをご理解いただけたと思います。もしリフォーム会社に依頼をして契約をする際には、契約書の内容を隅から隅までしっかりと熟読するようにしてください。何も契約段階のその場でサインをする必要はありません。サインをするのは後日ということも可能です。どんなに分厚い契約書だったとしても、面倒くさいと思わずしっかりと理解をしてください。もし契約書が定める内容に不満があるようでしたら、リフォームを断るか、契約書の変更を申し出るようにしましょう。
通常のリフォーム会社であれば、問題点は修正してくれるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>